XserverのWordPressブログに独自SSLを導入する方法

独自SSL申し込み方法

XserverのSSL無料キャンペーンに乗っかり、このWordPressブログをSSL化しました!

SSLのメリットデメリットやそもそも独自SSLとは?といった解説は後日アップし、ここでは申し込み方法のみ解説しています。

Google Appsを利用されている方はメールが届かない罠もありますので、ぜひご覧になってください。

独自SSL申し込みの前準備

利用申し込みの前に、承認メールを受け取るアドレスを作成します。
※ここを飛ばすと申し込みできません。

1・まずはインフォパネルにログインします。

2・サーバーパネルにログインし、メールアカウントの設定をクリック。
メールアドレスの設定
3・申し込み確認メールを受け取るメールアドレスを作成します。必ず独自SSL化するドメインのメールアドレスを選択してください。

独自SSL化するドメイン名でGoogle Appsを使用されている方は、Google Appsでメールを作成してください。
ドメインの選択

4・メールアカウントに「admin」を入力し、任意のパスワードを入力後、メールアカウントの作成をクリック。

adminの入力

5・メールアカウントの作成(確定)をクリックで作成完了。インフォパネルに戻ります。

独自SSLの利用申し込み

6・追加のお申し込み → 同意するをクリック。

追加のお申し込みに同意する

7・SSLの新規取得の追加のお申し込みをクリック。

SSL新規のお申し込み

8・SSLブランドの選択。私はCoreSSLとSNI SSL(ネームベース) にしました。

SSLブランドの選択

9・対象サーバーと対象ドメインの選択。独自SSL化したいドメインを選択します。

コモンネームの選択

【注意】下記の表の通り、wwwなしのドメイン名で申し込むと、wwwありのhttpsが使用できなくなります。私はwwwなしで申し込みしました。

独自SSLの説明

10・必要事項を入力します。

必要事項の入力

11・次の画面で住所の入力があります。全てに入力し、最初に作成した「admin@ドメイン名」のメールアドレスを選択後「SSL新規取得申請を行う」をクリックします。

メールアドレスの選択

承認メールの確認

12・XserverのWEBメール画面から、先ほど設定した「admin@ドメイン名」とパスワードでログインをします。

Google Appsで新たにメールアドレスを作成された方は、Gmailでログインしてください。

13・■ウェブメール をクリックし、「validation code(赤線部分)」をコピーして、URLをクリックします。

承認メールの確認

14・コピーした「validation code(赤線部分)」を貼り付けてNEXTで申し込み完了です。

コピーしたURLの貼り付け

15・1時間程度で作成した「SSL証明書設定完了のお知らせ」が届きます。このメールはXserverを申し込みした時のメールアドレスに届きます。作成したメールアドレスには届きません。

SSL申し込み完了

https表示を確認

URLがhttps://でカギマークが緑なら独自SSL化完了です!(緑になるのはブラウザがChromeの場合)

独自SSL化URL

ただブログを巡回してみると、カギマークがグレーになっているページがあるかもしれません。実は「http://」のURLが残っていると正しく暗号化されないためそのように表示されるのです。

次は完全なhttps化を目指して設定変更をしていきましょう!

XserverでSSL化後にAll緑のhttpsを表示させる対処法

2016.03.20
*メールアドレス
*お名前(HN可)